ごぼうは無水調理が最適!


こんにちは。我が家のお昼ご飯です。
❁豆腐の肉巻き(バッラリーニトリノ24cm)
❁ひじきの無水煮(ストウブ20cm)
❁茗荷の甘酢漬け
❁ごぼうと人参の胡麻マヨ和え(ストウブ14cm)
❁ミニトマトの出汁浸し
❁出汁巻きたまご
❁胡瓜の浅漬け
❁とろろ昆布とじゃこのお吸い物
❁雑穀ご飯(ラココットデゴハンM)
❁桃

今日ご紹介するお陽さまレシピは、ごぼうと人参の胡麻マヨ和えです。
ごぼうって調理の際にアク抜きするために水に浸けないといけないとお思いではないですか?
ごぼうは強い抗菌力と抗酸化作用のあるポリフェノールを多量に含んでいますが、
実はこのポリフェノールは水にとても溶けやすい性質があります。
アク抜きのために水に浸けてしまうことでごぼうに含まれているポリフェノールはあっという間に流れ出てしまうのです。

ごぼうは酢水につけることで多少色止めの効果はありますが、アク抜きをしてもしなくても味わいに変わりはありません。
(むしろアク抜きをしないほうが旨味がある説も)
そして同時にポリフェノールは熱に強い性質がありますので、
ストウブの無水調理はポリフェノール保護に完璧な調理法なんです!
アク抜きなし+無水調理でごぼうの栄養を余すところなく頂きましょう(^^)
レシピはこちら⇒ごぼうと人参の胡麻マヨ和え

本日もお読みいただきありがとうございます😊
あなたの食卓にもたくさんのお陽さまの恵みが届きますように。

関連記事

  1. オクラの豚巻きでまごわやさしい献立

  2. ナッツの無水ポタージュレシピ

  3. まごわやさしい和ンプレート

  4. ココノミさんの無農薬野菜でまごわやさしい献立

  5. 和ンプレート朝ごはん

  6. ストウブで!牛肉とひらたけの無水すき煮