盛り付けの順番*冷めないワンプレ


こんにちは。お昼ご飯の和ンプレートです。
❁高菜と明太子のおにぎり(ストウブ ラ・ココットデゴハンM)
❁レタスと豚肉の蒸ししゃぶ(ストウブ20cm)
❁赤ピーマンと茄子の南蛮漬け
❁味玉
❁南瓜と小豆のいとこ煮(ストウブ14cm)
❁チキンのオイル煮(ストウブ20cm)
❁酢玉葱
❁ほうれん草のお浸し
❁アメリカンチェリー
前日の献立と副菜がほぼ一緒なので、盛り付け方を変えて気分を一新。
(家族が騙されてくれているのかは謎)

梅雨に入ってスッキリしないお天気が続いていますね。
子どもたちは気温差の洗礼を浴び、鼻水や咳が出てきています。。
皆様もお気をつけくださいね!

さて普段インスタグラムにお料理写真を投稿しているとたまに聞かれるのが、

「盛り付けている間に料理が冷めてしまいませんか?」

ということ。その辺りのことは結構シビアですよね〜
なるべくなら温かくて美味しいご飯を食べて欲しいですもんね!

きっと皆さん同じようにやっていらっしゃると思いますが、
今日は↑のランチプレートを例に私なりの盛り付け方をご紹介したいと思います。

まず最初。
ココハンでご飯を炊きながら&主菜の準備をしながら、
今日の盛り付けを大体頭の中で想像してうつわを選び、プレートにセット。
そして冷蔵庫の常備菜の中でも冷たいまま頂けるものを先に盛り付けてしまいます。

1味玉
2チキンのオイル煮
3酢玉葱
4ほうれん草のお浸し
(上に鮪節をのせました)
5アメリカンチェリー
6茄子と赤ピーマンの南蛮漬け
(これは温めても良いのですが、今日は冷たいままにしました)

次に冷蔵庫の中の常備菜で温めて頂きたいものをレンチンして盛り付けます。

7南瓜と小豆のいとこ煮

そうこうしているうちにココハンのご飯が炊けました。
高菜と明太子、ごま油等を混ぜておにぎりを作って盛り付けます。

8高菜明太おにぎり
おにぎりはご飯の重さをはかって大きさ揃えて作ってます。
これは一個85gです。

そして最後に主菜が出来上がったので熱々のうちに真ん中に盛り付けます。

9レタスの豚肉の蒸ししゃぶ

あとは上から見て色味の足りないところに
笹の葉を敷いてみたり、もみじを添えてみたりしてバランスを取ってます。

これ、空のうつわの状態から盛り付けながら写真撮った方がわかりやすいですよね(^^;
最初っから全部盛ってあるから何が何やら…笑
需要があるかわかりませんが、今度は盛り付けながら1回1回写真に撮って
最後に動画にでもしてまとめたいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
梅雨に負けずに元気に過ごしましょうね〜!!

関連記事

  1. 伊豆の食材でまごわやさしい食卓*

  2. ストウブで!やわらか簡単チキン南蛮

  3. いかと里芋の無水煮*レシピあり

  4. マグロのレアカツでお家ご飯*レシピあり

  5. 2018年11月の家族4人分の食費。

  6. ストウブで作る!ひじきの煮物*レシピあり